断酒1317日目 Sapporo Times

いつもブログを書く時はアップする前に何回か書き直している。

今日は一筆書きで、たまには。

 

北海道へ旅行に行ってきた。

6泊7日の車旅で、釧路、知床、旭川、小樽、札幌、新千歳と回ってきた。

北海道の車旅は2回目で、ケムくて、酒が多く登場した20歳の旅行からは大分違った、一番安い軽自動車からエクストレイルにも変わった、夫婦2人の時間と金を使った旅行だった。

 

山や畑しかない風景を、好きな音楽を掛けながらドライブして、次の目的地に行く。

昔好きだった音楽を聴いたな。そういえば、前の旅行でもDiamond on the insideをかけていた。

普段、より効率的なものを求めて、求めなくてはいけない生活で忘れかけていた、

ああ、自分は無駄と言われているものに価値を見出す事が好きだったと思い出した。

 

ヒグマに対する印象が変わった。

今まではどちらかというと、人里に現れる害獣のような印象や、人間を殺す恐怖の対象でしかなかったけど、

知床に初めて行って、ヒグマの生息地に人間が住んでいる感覚

っていうのが分かったのが、価値観の変化だった。

アイヌの人や、今のカナダ辺りに住んでいたインディアンは、ヒグマを神の使いのように捉えているみたいで、そんな神秘性に少しだけ触れた。

 

相泊より先の命は自己責任。この感覚もヤバかった。

 

ハイライトは、旅行の最後に札幌で友人達が集まってくれて、飲み屋を何件かハシゴした。

集まって話していて、ギャグを期待される自分がいて、その期待に応えるって感覚が、

普段の探り合いの会話からは対極の、若かった頃を思い出した。

陳腐な言い方だけど、そんな風な友人がいるのは人生で豊かな事だと思った。

 

皆んな楽しそうだった。あと1時間、もう1時間楽しみたい、もっと楽しむためにもう1杯飲みたい。って奴から潰れていった。

これだよなあ、これを追い求め続けたな20代は

 

長い髪の女が似合う

酔い潰れにはソウルが似合う

このアイデンティティは何処にもないもの

夜が更けてもダンスは踊る

 

断酒1096日目 三年が経過

年毎の区切りの記録を今年も

 

断酒三年を無事迎えられた

今思うことは継続する大事さだな

一年目より二年目の方が視野が広がったし、三年目はかなり落ち着いたものだった。

続けたから分かる事がある。

これからも変わらず日常生活を続けていき、身近な人の不幸が起きた場合とか、三年の間に経験していない感情に対処できるかどうかだな

ジョギングも継続している

たまにメリハリをつけたジョギングはするけど、好き勝手に走っていたらいつのまにかハーフマラソンのタイムが縮んでいた。

勉強も二年目、続けていけばやはり景色は変わる。

 

仕事も普段の生活も勉強も、酒を飲んでいたら乗り越えられなかったなと思う場面が多いです。

酒を飲んでいたら今の生活が出来ないだろうという、トレードオフの状態になっています。

見方を変えれば、今の生活を望まなければ酒を飲む生活でもいいということで、

自分の場合は飲まない選択肢をとりますが、現状、まあ、不満や不便はないけど酒やめた方がいいかもな〜、というような環境の人であれば、動機としては酒をやめるのは難しいかもしれないですね、

やめてみて、変えるべき環境だったと、あとから気付くことも多いと思いますが。

 

こういう節目の記録は見てもらえる機会が多いので、

断酒三年経過した私に少しでも説得力を感じるとしたら、少し言いたいことが

医療機関に関係していないだろう人が、

アルコール依存症でも、自分の経験上機会飲酒は可能とか、思いついたことを絶対的に正しいように発信していたものを見て、どうなんだろうと思いモヤモヤしています。

根拠のない個人的一意見が正しく見えて発信されることは少なくありません、また、受け取り手は、情報にバイアスがかかり、自分に都合の悪い情報は頭に残りにくくなります。

 

酒の問題を認識している人は、とりあえず心療内科へ行ってみてはどうでしょうか、

医師の診断は自分の立ち位置が何処にあるかを客観的、医学的に示してくれます。

アルコール依存性という診断でなければ、断酒も視野に入れた酒との付き合い方を考え、

アルコール依存性という診断であれば断酒する方法を模索すべきだと思います。

 

断酒して三年が経ち、酒を飲むのも飲まないのも、良し悪しとは別に、結局は個人の自由だという意見を今持っています。

それは、自分が飲まないでいる自由を他人に侵害されたくないので、他人が酒を飲む自由も尊重すべきだと思うからです。

ただ、経験則として酒をやめた方がいい人には酒をやめた生活が快適で、得るものが多いと伝えたいです。

正しい知識と多くの人が成功しているやり方を選び、進んでほしいと思っています。

 

と、三年記念にノリで上から言ってみました。

次のブログからはいつもの個人的記録に戻りますのでお許しを

 


Our Road (aka 'Now That It Feels So Good Tell Everybody') - Lee Oskar (1980)

 Now that it feels so good. Tell everybody.

 

断酒1046日目 ハーフマラソン大会3回目

f:id:gqzzzzz:20181223153736j:image

今日は3回目のハーフマラソン、去年の年末も同じコースを走った。

初めて出た大会が2時間15分、去年の大会は2時間10分、今回は2時間3分

レースは後ろからスタートしてずっと抜き続ける感じで行った

全体で見れば自分より早い人の方が多い、でも、タイムもレースも追いかける目標がある内はいいもんだ。

 

実は今年の頭から委託先の会社に誘われて、自営を畳んで会社勤めをしている。自営の活動は一年半で終わった。

経営の奥深さみたいな事まで全く辿り着けなかったけど、一番ミニマムな仕事の作り方と、自分が最初から最後まで決定して、全て動かすというのは経験として残ったかな

 

入社したのは業界中堅の素晴らしい理念の会社で、今までにないホワイト待遇

ただ、業界が冷え込みまくりの現状では、どこで仕事しても同じで、相当やらないと結果が残せない。

誘われた決め手が、そこで結果を出して自営でやっていた事を規模を大きく出来たら、

なんてビジョンを言われたのももはや過去で、

まーー、上手くいかなくて、言われる事は言われまくったし、結構タフな一年でした。

仕事上、若い人の下働きみたいな事もするしさ、オールドルーキーとしてやってる。

それでもいつもこう思ってる

今がその時じゃなくても、その時がくるまでやるべき事をやろうと  

リンカーンの言葉も心に刻みついている

これは、格言の言うところのつまづきではないけど、

新たなスタートをした時の姿勢が大事なんだって信じている。

 

加えて、仕事の合間に勉強をした一年だった。

この勉強については断酒との関係性もあり、書きたいので終わったら書きます。

三年後、40歳手前から追い上げするように予定を立てて今やろうとしています。

飲んでいた頃は、行き当たりばったりで、

金曜の夜どれだけ飲むかわからなかったから、その週の土曜の予定さえ立てられなかったあの男が、まさか

 

走っているタイムは、進行形で縮んでいる

断酒の期間も、一区切りと言われる三年まであともうすぐだ

35歳を過ぎても色々追いかけるものがある、俺はまだ若い

 

酒をやめたからこうなったのか、めぐり合わせの不思議か

最悪に落ちていた三年前の年末から、こんな所までこれた

確かな事は、あのまま飲み続けていたら辿り着けなかったって事だ

後ろから追い上げていこう、いつもの調子で、また来年もやり続けよう

 

 

ラソン行く前の、電車で気持ちあげるのにPROTOCULTUREを聞いていた

問答無用で上げてくるこの感じ、やっぱりトランスもいいね!

 


Protoculture - Out of reality

 How do they know that the real world isn't just another simulation ?

 

 

 

断酒1000日目 NOW IS NOT THE TIME

 

現在、35歳、30歳になるかどうかの頃に心療内科へ行った。

明らかな健康問題も、連続飲酒が止まらないっていうこともなかったけど、

飲んだらとことんまで行かないと気が済まなくて、

今日の飲みがほどほどに済んでも、次の飲みには泥酔するまで行きたい、

次の飲みがほどほどに済んだら、その次こそはぶっ飛びたい

みたいな調子で、そのぶっ飛んだ時にはいつも、帰ると一緒に住んでいた彼女に怒られて喧嘩して、

そうでなければ、彼女のいない所で好き勝手にやっていた。

大喧嘩の後での、ポーズとして行ったのか今では定かではないけど、

心療内科に行くことで取り繕ろうとしていた

問診では、飲酒量や飲酒習慣のほか、家族構成や薬物の摂取経験なんかを聞かれて答えた気がする

結果、アルコール依存症という診断を受けた。

本気で酒をやめたいなら抗酒剤を処方すると言われたけど、

その時は気持ちも半端だったから、適当に言って断って帰った。

 

それからの日々、どうやらアルコール依存症は酒を断つしかアルコールとの付き合い方はないらしい

でも、俺から酒をとったら交友関係を含めて何も無くなるだとか、

否認の病気の名の下に言い訳をして、自分に都合のいい解釈を探していた

飲んでも量を決めながら飲めばいいだろうとか、平日禁酒ならいいだろう、とか、

甘い考えに流されて、それも少し経てばいつも通りの飲み方に戻っていった。

変えたいけど、変えられない、今がその時じゃない

 

3年の間、ブラックアウトの頻度も増えた。

仕事もブラック企業の奴隷みたいな状態で、神経もすり減って、金もないし、

周りの仲間は家庭を持ったり、順調な仕事の話なんかを聞いて

妬みや嫉みが自分の中で発酵して、澱んでいった。

年明けの出張から帰ったら彼女が荷物ごと出て行くと言ってた、どん底の年末に

恵比寿リキッドルームでこんな曲を聴いていたんだ

 

” NOW IS NOT THE TIME BUT NOT SO FAR

時は来る  だけどその時は  今じゃない

NOW IS NOT THE TIME BUT NOT SO FAR

時は来る  今じゃないけど  必ず来る

MILESのbotがアンサー   リラックスしろよ   このマザーファッカー ”

 

年が明けて2月から断酒を始めた。

始めてから、酒を飲む誘惑という誘惑が思いつく限りにあった。

人間の脳はサボりたがるように出来ている

飲みたい理屈は頭では分かってる、禁酒セラピーの内容も頭に入ってる。

でも強い欲求が確かにある。

気持ちが揺らいだその先に、自分はアルコール依存症なんだという事実と、

最後に酒を飲んだ時に感じたことが防波堤となって、初期の不安定な頃を踏みとどまれた

それで後で思った、診断を受けてから断酒に踏み出せなかった間は、

その時じゃなかったんだ、自分は3年かけてスタート地点へ進んでいたんだと

 

やろうとしてるけど、上手く行かない

自分だけが特別辛いんだと、くさりそうになったりもするさ

今はその時じゃなくても、その時はいずれ来る

 

” がっつくんじゃねえ やるべき事をやれ MY MEN

時は来る  今じゃないけど必ず来る リラックスだぜ NOT SO FAR

その時が来たら YOU MUST FIGHT    RIGHT ?

  

 

ラッパーの一分 [DVD]

ラッパーの一分 [DVD]

 

 

断酒 900日目 父の病気

69歳の父に大腸ガンが見付かった。

年明けから調子が悪くて、何度か検査をして見付かったらしい。

とはいえ、初期段階で転移もなく、先週の手術したその後が問題なければ、

大事にはならないそうだ。

母から病気の話を聞いた時には少し動揺したが、

父もそんな病気にもかかる年齢なんだと少し納得もした。

 

父は50代で早期退職するまで洋酒を扱う会社で働いていた。

バブル期、バブルが終わっても洋酒業界は相当華やかだったようで、平日はいつも帰りが遅かった

働き盛りをその中で過ごしたのは父のアイデンティティになっていたと思う。

中学生の頃から、母はJTのパートに出ていた。

僕は酒とタバコ(からの生活費)によって大きくなったといっても過言ではないだろう

父も母も酒とタバコが好きで、息子も酒とタバコが好きになった。

小さい頃から家に当たり前にありすぎたので、

やめてから暫くしても、それらが生活空間に無くて普通、という感覚が中々持てなかった。

 

少しずつ老いを感じる父が、会う度に酔っ払っていた時期があった。

昼飯には酒が付き、夜には必ず晩酌をしていた。

半リタイアの生活なら、まあ、それもよくある話だよなと思いつつ、

このアルコール依存症の兆しを止めさせるには、息子の行動で見せるしかないと思った事も、

酒をやめてから、断酒を継続するモチベーションの一つだった。

でも、酒イコール人生みたいな父に断酒を勧めるというのは難しかったな

 

調べると、大腸ガンは飲酒、喫煙、加工肉の食べ過ぎや、運動不足が要因と言われているらしい。

病気になる人、ならない人はある意味偶然の産物かもしれないけど

父の場合は、人生晩期の通信簿で、若い頃から費やしてきた分のツケを払うことになった

 

病気にかかった父の姿は、酒やタバコをやめていなかったもう一人の自分の未来だ

今、僕の生活は酒がない生活が当たり前すぎて、最初の頃の気負いなんかもうないけど、

やめ続けたこの日数が説得力に変わるなら、あらためて、

一緒に酒をやめようと、伝えてみよう

 

以前書いたように、立ち直ろうとする姿が人の心を動かすと信じている

つまずいた時こそどういう気持ちで立ち上がるか

リンカーンパイセンのあの言葉の意味を嚙みしめよう

 

暑い日々が続きますが、体を大事に

こうして酒を飲まない日々は人生の後半で意味を表す、きっとさ

 

 

 


You Ain't Going Nowhere Nitty Gritty Dirt Band

 


Larkin Poe & Thom Hell - I Belong To Love

 LAID BACKな新旧2曲

良い夏を !!

 

断酒812日目 2年2ヶ月22日目

何かがうまく行かない時に言い訳を探している自分がいる

自分でも分かってるし、人からも指摘されるし、責任転嫁もする

だけど変えなくてはいけない自分が変えられなく、悩む

やる瀬なさを酒で流し込みたいっていう事はあまりなくなった

酒にはまった期間をもっと仕事に打ち込んでいれば、

今とは状況が違っていたのかなと最近思う

こんな後悔が出てくる様になったのは、

酒を飲んでいた自分と決別でき始めたからなのかな

 

3月にバングラデシュに行ってきた

ムスリムが多いあの国では、

夜中に大の大人が菓子を食べながらだべっている

酒を飲まないで生活している人たちが日本の人口くらいいる国、

酒を飲まなくてもその国は通常営業している

 

空港を出ると、フェンスから物乞いたちが手を出していた 

アザーンで起きる朝6時、中心部には信号が見当たらなかった

マックやケンタッキーなどファーストフード店は数えるほどしかない

欧米化していない街中でも英語は第二言語として通じる不思議な場所だった

 

そこから何百キロか彼方のインドに憧れた時期があった

ゴアでパーティー三昧のヒッピーを夢見ていた

ただ、自分みたいな凡人は現実と向き合わなくてはいけない

身の程知らずに夢想していた若い頃の自分はもういない

ダッカの空港でそんなことを思い出した

 

心持ちを悩むっていうのは今でも変わってないな

一体いつになれば自分は完成するのだろうか

 

 

とりあえず、いつものように飲んでいません

迷い戸惑いの多い季節だけど、こちら変わりなく続けてるので、

そちらもそうだと嬉しいです

 

 

断酒731日目 二年が経過

一日、一日と酒のない毎日の記憶を更新して行く日々、

二年の間、体の細胞も大部分が変わり、

始まりと今では違う人格になっているみたいだ

 

金銭的な心配をしていた日々から抜け出し、少し余裕が出てきた

仕事も壁を乗り越えて、また次の壁に足を掛ける日々だ

 

手に入れていない時に、こうなるという予感はあった

でも、自分を信じきれずに確信が持てないまま、もがいていた

そんな思いは状況を変える推進力だったかもしれない

一方で、一度辿り着いてしまえば、景色は変わり、

もがいていた、不安な手放したかった気持ちが自分からすり抜けて、

遠くに行きそうになるのを寂しく思うこともある

 

断酒三年生、酒のない生活が当たり前になるんだと、

最初に目指し、なりたかったイメージに近づいている。

すり抜けがちな、最初の頃の気持ちを留めながら、

今もまだもがく部分を記録しておこう

今は辛い人、途中にいるもがくその気持ちも、

抜け出せ始めた頃には貴重なことだったんだと思えるさ

 

狩撫麻礼が亡くなった

旅の中でボーダーに出会い、何度も読んで内容を解読しようとしていた

自分の芯を作るヒントを探して、もがいていたあの頃も悪くなかったと思う

 

実体を見失いバブルに浮かれていた時代に

生身の人間のカウンターを食らわせたあの作品

いつだってそんなカウンターカルチャーが好きだ

 

ボーダーから感じ取ったものは、酒の広告に溢れ、

マーケティングと洗脳が隅々まで行き渡ったこの社会に対して、

運動と精神性という行動思考で抵抗する、この断酒という行為に読み替えることだって出来る

 

自問自答の一年目から、周りがようやく見え出した二年目、

三年目、自分が出来ることを発展させていきたいな

何か書きたくなったら、たまに更新します

 

 

 

センパイ…感じないか?

長い旅で何度かこんな大気の微粒子を嗅いだろ?

 

そうか…思い出したぞ

ラストナンバーは決まったな!

神通力を見せてやろう

いくぞ‼︎

 


Neil Young & Crazy Horse - Like A Hurricane - Live 198