断酒 900日目 父の病気

69歳の父に大腸ガンが見付かった。

年明けから調子が悪くて、何度か検査をして見付かったらしい。

とはいえ、初期段階で転移もなく、先週の手術したその後が問題なければ、

大事にはならないそうだ。

母から病気の話を聞いた時には少し動揺したが、

父もそんな病気にもかかる年齢なんだと少し納得もした。

 

父は50代で早期退職するまで洋酒を扱う会社で働いていた。

バブル期、バブルが終わっても洋酒業界は相当華やかだったようで、平日はいつも帰りが遅かった

働き盛りをその中で過ごしたのは父のアイデンティティになっていたと思う。

中学生の頃から、母はJTのパートに出ていた。

僕は酒とタバコ(からの生活費)によって大きくなったといっても過言ではないだろう

父も母も酒とタバコが好きで、息子も酒とタバコが好きになった。

小さい頃から家に当たり前にありすぎたので、

やめてから暫くしても、それらが生活空間に無くて普通、という感覚が中々持てなかった。

 

少しずつ老いを感じる父が、会う度に酔っ払っていた時期があった。

昼飯には酒が付き、夜には必ず晩酌をしていた。

半リタイアの生活なら、まあ、それもよくある話だよなと思いつつ、

このアルコール依存症の兆しを止めさせるには、息子の行動で見せるしかないと思った事も、

酒をやめてから、断酒を継続するモチベーションの一つだった。

でも、酒イコール人生みたいな父に断酒を勧めるというのは難しかったな

 

調べると、大腸ガンは飲酒、喫煙、加工肉の食べ過ぎや、運動不足が要因と言われているらしい。

病気になる人、ならない人はある意味偶然の産物かもしれないけど

父の場合は、人生晩期の通信簿で、若い頃から費やしてきた分のツケを払うことになった

 

病気にかかった父の姿は、酒やタバコをやめていなかったもう一人の自分の未来だ

今、僕の生活は酒がない生活が当たり前すぎて、最初の頃の気負いなんかもうないけど、

やめ続けたこの日数が説得力に変わるなら、あらためて、

一緒に酒をやめようと、伝えてみよう

 

以前書いたように、立ち直ろうとする姿が人の心を動かすと信じている

つまずいた時こそどういう気持ちで立ち上がるか

リンカーンパイセンのあの言葉の意味を嚙みしめよう

 

暑い日々が続きますが、体を大事に

こうして酒を飲まない日々は人生の後半で意味を表す、きっとさ

 

 

 


You Ain't Going Nowhere Nitty Gritty Dirt Band

 


Larkin Poe & Thom Hell - I Belong To Love

 LAID BACKな新旧2曲

良い夏を !!

 

断酒812日目 2年2ヶ月22日目

何かがうまく行かない時に言い訳を探している自分がいる

自分でも分かってるし、人からも指摘されるし、責任転嫁もする

だけど変えなくてはいけない自分が変えられなく、悩む

やる瀬なさを酒で流し込みたいっていう事はあまりなくなった

酒にはまった期間をもっと仕事に打ち込んでいれば、

今とは状況が違っていたのかなと最近思う

こんな後悔が出てくる様になったのは、

酒を飲んでいた自分と決別でき始めたからなのかな

 

3月にバングラデシュに行ってきた

ムスリムが多いあの国では、

夜中に大の大人が菓子を食べながらだべっている

酒を飲まないで生活している人たちが日本の人口くらいいる国、

酒を飲まなくてもその国は通常営業している

 

空港を出ると、フェンスから物乞いたちが手を出していた 

アザーンで起きる朝6時、中心部には信号が見当たらなかった

マックやケンタッキーなどファーストフード店は数えるほどしかない

欧米化していない街中でも英語は第二言語として通じる不思議な場所だった

 

そこから何百キロか彼方のインドに憧れた時期があった

ゴアでパーティー三昧のヒッピーを夢見ていた

ただ、自分みたいな凡人は現実と向き合わなくてはいけない

身の程知らずに夢想していた若い頃の自分はもういない

ダッカの空港でそんなことを思い出した

 

心持ちを悩むっていうのは今でも変わってないな

一体いつになれば自分は完成するのだろうか

 

 

とりあえず、いつものように飲んでいません

迷い戸惑いの多い季節だけど、こちら変わりなく続けてるので、

そちらもそうだと嬉しいです

 

 

断酒731日目 二年が経過

一日、一日と酒のない毎日の記憶を更新して行く日々、

二年の間、体の細胞も大部分が変わり、

始まりと今では違う人格になっているみたいだ

 

金銭的な心配をしていた日々から抜け出し、少し余裕が出てきた

仕事も壁を乗り越えて、また次の壁に足を掛ける日々だ

 

手に入れていない時に、こうなるという予感はあった

でも、自分を信じきれずに確信が持てないまま、もがいていた

そんな思いは状況を変える推進力だったかもしれない

一方で、一度辿り着いてしまえば、景色は変わり、

もがいていた、不安な手放したかった気持ちが自分からすり抜けて、

遠くに行きそうになるのを寂しく思うこともある

 

断酒三年生、酒のない生活が当たり前になるんだと、

最初に目指し、なりたかったイメージに近づいている。

すり抜けがちな、最初の頃の気持ちを留めながら、

今もまだもがく部分を記録しておこう

今は辛い人、途中にいるもがくその気持ちも、

抜け出せ始めた頃には貴重なことだったんだと思えるさ

 

狩撫麻礼が亡くなった

旅の中でボーダーに出会い、何度も読んで内容を解読しようとしていた

自分の芯を作るヒントを探して、もがいていたあの頃も悪くなかったと思う

 

実体を見失いバブルに浮かれていた時代に

生身の人間のカウンターを食らわせたあの作品

いつだってそんなカウンターカルチャーが好きだ

 

ボーダーから感じ取ったものは、酒の広告に溢れ、

マーケティングと洗脳が隅々まで行き渡ったこの社会に対して、

運動と精神性という行動思考で抵抗する、この断酒という行為に読み替えることだって出来る

 

自問自答の一年目から、周りがようやく見え出した二年目、

三年目、自分が出来ることを発展させていきたいな

何か書きたくなったら、たまに更新します

 

 

 

センパイ…感じないか?

長い旅で何度かこんな大気の微粒子を嗅いだろ?

 

そうか…思い出したぞ

ラストナンバーは決まったな!

神通力を見せてやろう

いくぞ‼︎

 


Neil Young & Crazy Horse - Like A Hurricane - Live 198

 

 

禁酒716日目 もうすぐ2月 もうすぐ2年

 

最後に酒を飲んでからもうすぐ2年が経つ

 

あの日、祝日前の水曜の夜から、勤めていた会社の新年会があった。

窓際おじさん達から酒を勧められまくってハイボールを6、7杯飲んで、

中華屋行っておじさん達のボトルキープをロックで5杯くらい飲んで、

蔵前のヌイで1杯飲んで、門前仲町の友達のところへ合流して、2軒行って、飲んで、

近所の友達の家に行って飲んで、明け方帰るときに近くの公園で寝込んでバッグを盗まれた

 

周りの友達は家庭ができたり、小さい子供のために貴重な休みを過ごす中で

俺は一人呑んだくれていて、冬の昼間、陽が高くなってもまだ酔っ払っていて、

鍵屋を公園で待つ間に、惨めって言葉の意味を理解したんだ

 

寝て起きても酔いは覚めずに、二日酔いで動けずに休みは潰れた

気力を振り絞ってクレジットカードを止めて、

その夜は、震える手で会社携帯を無くしたことの始末書を書いていた

 

実現できるのか、はたまた実現する気なんてさらさらないような与太話を、

酔って友達と話して悦に入るような、どこにでもいるどうしようもない酔っ払いだった

酔いから覚めた現実は、鍵を無くして目の前の家にさえ入る事のできない惨めな独り者の30過ぎだった

 

酒を飲んでいた時はいい思い出もある。けど、あの鍵屋を待っていた時間に感じた事が何より重い、

こうして一切合切盗まれたのも初めてじゃなかった。生産性の無い週末を繰り返してこの先まだ飲み続け、行くとこまで行くなら惨めな結果しかないんだと気付いた

 

それが2月だ、それもあったけど、同じ公園をでたらめにジョギングしまくったのも2月だ。

あの1ヶ月は悪いことばかりでもなかったな

 

禁酒603日目 やり直し

最近、酒に対する執着が薄れ、酒の事を考えるよりも人生の乗り越えるべきあれこれに対して、

自分がどう立ち向かっていくかという事を考えます。

酒をやめた時、やめてしばらく走り続けてきた時は、酒をやめる事がゴールだと思っていたものが、

いざ落ち着く状態まで辿り着いてみれば、酒をやめる行為自体は

自分の人生の壁を乗り越える手段に過ぎなかったんだと思い知らされます。

 

飲んだ時の酒乱が見てられないと、何度も泣かれても断酒の決意が出来ずに、

酒が原因で別れた彼女とやり直して、結婚する事になりました。

心配事を相手に抱えさせるだけなのか、相手と自分が幸せになれるのかはまだわからないけれど、

酒をやめてからの分岐点、飲み続けていれば絶対に来る事のなかった未来にいます。

 

人に何かを伝える時、何度でも立ち上がろうとする姿は

人の気持ちを動かすのだと信じています。

 

osakeyametayo.hatenablog.com

 

たまに更新している、酒をやめて起きたあれこれ、やり直しの記録。

酒をやめてどうなるかは、自分の体験談しか書けないけど、

酒をやめてから確実に変わった事例の一つの私

酒をやめる事を決心したあの日の敗北感からこれまで、出来るかな、出来ないかなと

自信のかけらもなかったけど、少しずつ自分の人生をやり直せている。

やり直せる事を信じている事が、酒をやめようと思う何人かにでも届いてくれれば幸いです。

 

禁酒565日目 数字が語る

去年の9月から自営業として動き始めて、1年になる。

1年間365日、365日分は大きな借金もしないでなんとかやってこれた。

2年目の見通しは、いいとは言えないけど今の状態なら前向きに進めそうだ。

ときに身の程知らずなビジョンを計画する事もある。

商売始めて、365日、この日数はたかが1年の通過点の数字かもしれないけど、

商売始めた人ならわかる、最初のふるいにかけられた結果を語る数字だ。

 

ナイキのアプリで計測したジョギングの総距離が1500キロを超えた。

春先の滅茶苦茶気持ちがいい時に走る事もあれば、

走りたくない自分を無理やり走らせている時もある。

そんな自分の気持ちを、今まで1500キロ走ってきたんだから

5キロ、10キロ走るなんて余裕っしょ、と数字が自分を後押ししてくる。

 

酒を飲まずに565日、実は最近でも飲みたい衝動がある時がある。

飲みたい気持ちが浮かんでは消え、浮かんでは消してという作業を続けてきた565日、

今日は特別な日だからいいでしょ、という誘いもいつものように断る。

葛藤を呑み込んで継続してきた数字の重みが、誘いを断る言葉以上にもの語ってくれる。

 

酒をやめる1年何か月か前までこれらを全て持っていなかった。

始めようと思わなければ、少しも叶わなかったと思えば、

それぞれ、その筋を極めている人にとっては取るに足らない数字でも、

努力が嫌いで飽きっぽい自分にとっては無形の財産になっていると思える。 

 

禁酒508日目 ブレーキが利かない車の夢

運転している車のブレーキが利かずに突き進んでしまう、という夢をたまに見る。

前々から見ていたものなんだろうけど、自営業を始めて少し経った頃にそういう夢を見て、印象的だったので人に話したことを覚えている。

去年の9月からスタートした今の仕事も、始めてからしばらく経ったな。

春先までは結果が出なくて苦しかった、暇な日が出来る度に焦りがあった。そんな時も車の夢を見たような気がする。

間違った道に進んでブレーキのかけどころが分からなくなっているような、普段は隠れている深層心理が夢に出てきたんだと思った。

自営業に加えて、3月頃から委託の仕事を縁あって始めた。やっと先月位から一息つけた状態にはなったけど、何か月か続いた一日何百円までしか使えないという生活は、入金の予定のない減る一方の残高を見る度に、破綻への緊張感があった。

反面、追い詰められた状態での節約の追求というのは、パズルのようで楽しくもあった。これは僕がマゾ気質だったのが幸いしたと思う。

ダブルワークをしている現状は、自営の方も蒔いた種が少しずつ咲き始め、打って変わって大忙しになり、スケジュールを組み合わせて頭を切り替えまくって立ち回って金を作っていく、という刺激が多い日常に変わった。

今日、何件か続いた外出の際に、今の状況と車の夢のイメージが重なった。

でもそれは、芽が出なかった時のネガティブなものじゃなくて、ブレーキが壊れた状態で進んで仕事をこなし続けていく位じゃないと、今のやっている事が追い付かないようなイメージだった。

環境が変われば、夢から受けるイメージも変わる、なんて事を思いました。

 

アル中御用達のあの酒も、国が変わればトレンディーな飲み物に変わる

 

f:id:gqzzzzz:20170703223550j:plain

 

 180円くらい。高い!!