禁酒447日目 寝耳にdis

解決済みなので、先日起こったことを書こう
 
仕事上関係のある先輩がいる。彼は一回り近く年上で、付き合いも10年以上になる。
夜通し酒を飲んだ事も数知れず、元々部下と上司という関係だったのが長い付き合いを経て、
立場や年齢を超えた友情になったという認識だった。
 
2週前のある晩、というか真夜中にかかってきた電話を出なかったという事で、
翌朝携帯に怒りのメッセージが入っていた。
一応弁明をしようとしても着信拒否で、メッセージを送っても無視されていた。
2時とか3時までその人は飲んでいて、推測するに、最近不幸があったのを聞いていたし、
仕事の先行きが見えない不安なんかを、酒の勢いで誰かに八つ当たりしたかったんだと思った。
 
意味不明の怒りをぶつけられた事は気にも留めなかったけど、
長年の歴史がある仲を気分で壊そうとした事や、
普段鬱憤が溜まっている事を酒の力を借りてぶつけるしかなかったのかと思うと
その姿が弱々しく感じて、寂しくなった。

年を取っていくにしたがって、精神的に成熟していくという説を信じたいけど、
体力が落ちてきて肉体が日々の生活に追い付いていかなくなると、
ギャップを埋めるために嫉妬深くなったり、寛容性のキャパシティが小さくなるんじゃないか
と考えていた事に裏打ちされるような出来事だった。
 
仕事上連絡を取らなくてはいけない事があり、何日か何度も連絡してお詫びして解決したけど
色々と考えさせられた。
 
今、自分が思う運動の重要性はこの部分に関わっています。 
10年先、20年先に精神的に健康でいるために、運動して健康でいよう